とりあえずスペイン語で。

海外生活・スペイン語勉強・海外のあれこれを気長に書いていくブログです。

MENU

【トレド郷土料理5選】スペインのトレド観光で鹿を喰らえ

こんにちは

りょー@🇪🇸 (@pawnspanish)です。

 

トレドへ旅行へ行ってきましたので、トレドの郷土料理をご紹介しようと思います。

トレドはマドリードからバスで日帰りで行ける場所にあります。

街が世界遺産に認定されており、トレドには様々な文化や遺産、食文化の背景があります。

トレドでは料理文化に多様性があり、ムーア、セファルディ、クリスチャンの影響を受けており、特徴的な味が多いです。その多くの料理は狩猟と放牧をしてきたトレドの地域に関係があります。

 

f:id:ryo1192:20191123045237j:plain

 

 

トレドの郷土料理5選

上記でも書いたように、トレドには特徴的な料理が多く、私たち日本人の下に合う味の料理もあれば、なんじゃこれというような味付けの料理もあったりして、面白い地域です。

主観的要素が強い私の食レポ記事をどうぞ。 

 

 【Venado】(ベナード)

 

鹿の肉!!

食べたことがない人の方が多いかと思います。

奈良の鹿たちがこんな味なのかと思うと変な気持ちになる料理でした。

肉臭く、臭みが苦手な人にはおすすめできない料理でした。

肉自体はそれほど硬くなく、歯ごたえがいい感じにある程度でした。

パンやご飯と食べたいと思う味ではなく、酒のつまみやスープにあっているような肉でした。

 

奈良の鹿たちを思い出しながら食べたからか、正直味覚的にも感覚的にもまずかった。

【Carcamusa】(カルカムサ)

 

【Alubias con Perdiz】(アルビアスコンペルディス)

 

ザ・スペインの煮込み料理って感じ

味に深みがあるというよりは、味のついたスープに肉を煮込んだような味

日本のスープのように出しを入れたりなどの深みがなく、日本の昆布だしが恋しくなった。

強いていうなら、ケチャップを水で薄めたような強い味をとりあえず前面に出してみました。というような感じ

それが悪い良いということではなく、とりあえず強い味の強い物を煮込みましたので、味がスープに付きましたよ、奥さん

みたいな味付け。

 

【Migas】(ミガス)

f:id:ryo1192:20191123050218j:plain

トレド周辺地域でよく食べられている食事

クエンカでもよく食べられている料理

 

www.spain-ryo.net

 

【mazapán】(マサパン)

f:id:ryo1192:20191123045600j:plain

スペインのお菓子といったらこれ。

もはやトレドの域を超えたスペインの国民的お菓子です

しかし、

砂糖の塊なので、太ること間違いない爆発物!

それ相応の甘さにこれまた小さいときているので、パクパク食べれちゃう悪魔の食べ物

 

砕いたアーモンドと卵で作られ、中に砕いた砂糖を混ぜるので、クッキーのような食感にジャリジャリとした食感があります

 

もちろんのこと砂糖をふんだんに使っているので、結構甘い。

 

スペインではクリスマスなどの伝統行事によく食べられていて、かくゆう私も嫌という程食べた経験がある。

 

マサパンは昔、飢えや飢餓を耐えるために作られた安価で甘い食べ物だったようで、昔から愛されたお菓子だったようです。

 

 

 

ツイッターにも書いたがスペインの伝統的なお菓子の一つなので、ぜひスペインにきた際には食べていただきたいお菓子

 

www.spain-ryo.net

 

今回の記事はいかがでしたか

 

マドリードから約70キロ離れた街の世界遺産で様々な料理を堪能してみてください。

日帰りで行ける距離ですので、一日観光でぜひ鹿を喰らいにいってみてください。

 

ほかにもスペインの情報やスペイン語について記事を書いています。

ツイッターでもいろいろ発信しているので、フォロー登録してもらえると更新の励みになります。

りょー(@pawnspanish)