とりあえずスペイン語で。

海外生活・スペイン語勉強・海外のあれこれを気長に書いていくブログです。

MENU

挨拶はこれでOK!スペイン語の挨拶フレーズと簡単な会話

スペイン語の挨拶と簡単な会話

スペイン語でのあいさつの仕方と簡単な会話の仕方を書きました。

 

これからスペイン語を勉強しようという人もスペインへ旅行するつもりの人も最初に一番知りたいのは挨拶の仕方ですよね。簡単な挨拶の仕方とそれに続く軽い会話を書きましたので、使ってみてください。

 

スペイン語の音声文字をカタカナで表記したので、そのまま読んで発音すれは基本的には通じるのでそのまま読んでOKです。

f:id:ryo1192:20181102104703j:plain

挨拶の仕方

まずは面と向かって挨拶する際、日本ではこんにちはと言葉だけで挨拶するのが一般的ですが、海外ではある程度挨拶の文化というものがあります。

男同士の場合

f:id:ryo1192:20181102020054p:plain

握手するのが一般的です。その際にしっかりと力を込めて握ってください。力が入っていないと全く好意的ではないと受け取られてしまいます。

 

女同士または男女の場合

f:id:ryo1192:20181102020304j:plain

スペインでは頬両サイドに左側からちゅっちゅっとキスをします。

実際に頬にキスをするのではなく、音だけを鳴らしてします。

 

抱きつかず、肩に手を添えるなどしてします。

私は知らず、初めのころは毎回抱きついてキスをしていたので、なんだこの人・・・と思われてたそうです笑

 

南アメリカでは国によっては異なりますが、一回だけ頬にキスをする国が多いです。

 

挨拶フレーズ

f:id:ryo1192:20181102020543j:plain

挨拶する相手との関係によって使い分けます。

フォーマルな挨拶の仕方とカジュアルな挨拶の二つに分けながら紹介していきます。

 

カジュアルな挨拶

インフォーマルな挨拶は友達同士や仲のいい間柄・家族なんかに使ったりします。

堅くなくラフな挨拶です。

 

Hola オラ 

一般的に使われる挨拶です。Informalで紹介しましたが、知らない人同士でも普通に使うので、Holaだけ覚えてしまえばOKです。

スペイン語ではHの発音をしないのでJoulaホウラ/ホラのようには読まず、olaと読みます。書く際にはHolaと書きます。

 

Buenas ブエナス

Holaオラに続いてよく使われる挨拶です。

よく廊下などで知らない人とすれ違う時に使ったりするので、会社などの大事な場面などではなければ、フォーマルじゃないからと使って大丈夫かとためらわなくても大丈夫です。

どちらもほとんど同じなので、好きな方を使うといいと思います。

 

フォーマルな挨拶

フォーマルな場所や会社などで目上の人に使われます。

フォーマルな言い方の場合、日本のようにおはようございます。

こんにちはなど時間に合わせて使い分けます。

 

Buenos días(ブエノス・ディアス) 

おはようございます。 朝から大体昼頃まで

Buenas tardes(ブエナス・タールデス) 

こんにちは。     昼頃から夕方20時ぐらいまで。

Buenas noches(ブエナス・ノーチェス) 

こんばんは。     16時ごろから朝方まで

 

お別れの挨拶

f:id:ryo1192:20181102020707j:plain

お別れの挨拶はカジュアルかフォーマルかにかかわらず使われることがほとんどです。

しかし一般的に使われるものや、状況によって使い分ける必要があったりします。

 

Adiós(アディオス) 

さようなら

 

Hasta luego(アスタ・ルエゴ) 

またね一般的に使われる表現

 

Buenas noches(ブエナス・ノーチェス) 

おやすみなさい 日本語と同じが、こんばんはと同じ。

 

Nos vemos(ノス・べモス) 

直訳するとまた会いましょうの意味

 

Te veo pronto(テべオ・プロント)

またすぐに会いましょう。つまり、またねーという意味です。

 

Hasta mañana(アスタ・マニャーナ) 

またあした  次の日・機会に会うと分かっている時

 

Hastaの後は時間表現を置くことで、また〜の表現になります。

例えば明日はmañana.   Hasta mañana   また明日

来週はla semana que viene.    Hasta la semana que viene また明日 

来年はel año que viene.      hasta el año que viene また来年

というように次会う時間を置くことで、日本語のまた〜の表現になります。

 

挨拶に続く簡単な会話

f:id:ryo1192:20181102020746j:plain

 

上記のあいさつに続く簡単な会話フレーズです。

こちらもカジュアルな表現とフォーマルがあります。

 

カジュアルな挨拶

Hola(オラ)こんにちは。に続く会話

Que tal?(ケ・タル) 

元気? 一般的に使われる表現です。

 

Como etás?(コモ・エスタス)

Como has estado?(コモ・アス・エスタード)

Cómo va?(コモ・バ)

Todo bien?(トード・ビエン)

調子はどう?ご機嫌いかが?

 

Que te cuentas?(ケ・テ・クエンタス) 

元気?(英語でWhat's new?/How are you doing?)

 

フォーマルな挨拶

Buenos díasに続く簡単な会話

 

Que tal está?(ケタル・エスタス)

Como está?(コモ・エスタス)

元気ですか?

 

ほぼカジュアルな挨拶と変わらないが、三人称を使うか二人称を使うかでだいぶ尊敬度合いが変わってくる。

二人称を使うカジュアルは君。それに対して、三人称はあなた。という違いがあります。 

 

別れに続く会話

f:id:ryo1192:20181102020909j:plain

さようなら!と伝えてから去り際に一言添えながら帰ったりします。

 

Adiósに続くカジュアルな別れの挨拶

que pases (un buen día /una buena tarde/una buena noche)

左から、よい一日を/よい午後を/よい一夜を

 

que vaya bien 

いい日を送ってね!

 

que duermas bien 

よく寝てね!

 

adiosに続くフォーマルな会話

que pase(un buen día /una buena tarde/una buena noche)

左から、よい一日を/よい午後を/よい一夜を

que vaya bien

いい日を送ってね!

que duerma bien

よく寝てね!

 

こちらも言う事はほとんど同じですが、相手を二人称・三人称として扱うかで丁寧さが変わります。

 

まとめ

 

中南米スペイン語とスペインのスペイン語は多少異なる部分があり、使用しているフレーズや使わないフレーズなどもあります。

今回の記事はスペインで使われているフレーズですので、中南米で使わない場合、他のフレーズを使っている場合があります。

基本的にはHola Adiosはどの国でも使っていますので、覚えて使ってみてください。