とりあえずスペイン語で。

海外生活・スペイン語勉強・海外のあれこれを気長に書いていくブログです。

MENU

【日本→海外】海外へ手紙の送り方・宛名の書き方や切手の位置など

こんにちは

りょー@🇪🇸(@pawnspanish)です。

 

今回は日本から海外への手紙の送り方です。

以前、海外から日本への手紙の送り方の記事を書いたんですが、意外と反響があり今回反対の日本から海外へ送る方法を書いていこうと思います。

 

基本的にはこちらの記事とほぼ同じですが、少し住所の書き方など異なる点があるので細かくみていこうと思います。

 

 

 

日本から海外へ手紙を送る方法・封筒orハガキ?

 

f:id:ryo1192:20200113040941p:plain

まずは、日本で使っているようなハガキか封筒を用意します。

サイズは特に規定はありませんが、日本で流通しているハガキサイズなら大丈夫です。

今回私は日本へ一時帰国した際に、ホテルにあったポスターカードを使いました。

 

ハガキサイズであれば70円ですが、封筒になると重さやサイズも変わるので、切手の値段も変わります

 f:id:ryo1192:20200113040511p:plain

切手の値段と購入先【切手の位置はどこに貼るの?】 

海外に送るので海外宛て用の切手が必要だと思われがちですが、

日本国内で送る切手でも問題なく海外に送ることができます。

金額は70円で全世界に送ることが出来ます。

 

封筒などの場合は重さを測る必要がありますので、郵便局のサイトで調べることが出来ます。

https://www.post.japanpost.jp/cgi-charge/

 

切手の購入先ですが、日本国内で送る切手が買えるところならどこでも買えます。

郵便局はもちろんのことコンビニでも買うことが出来ます。

 

郵便局では国際郵便の交流を促進しようとおしゃれな切手を販売し始めましたので、そういった特別な切手が欲しい方はコンビニでは手に入りづらいかと思いますので、郵便局で購入することをオススメします。

 

ちなみにその切手はこちらです。

f:id:ryo1192:20200113011911p:plain

 

切手の貼り方

基本的に右上に貼ればOKです。

ポスターカードの中には右上にデザインがあるものもありますので、その場合は左上もしくはサイドに貼れば問題なしです。

 

宛名の書き方【住所欄は反対に書く】

日本国内とは送り方先の住所の書き方が若干異なり、住所を反対から書いていきます。

  1. 氏名
  2. アパートなどの建物名・部屋番号
  3. 住所番号、街路名
  4. 都市名、地方名、州名
  5. 郵便番号
  6. 国名

の順で書いていきます。

 

例えば、スペインに送る場合は

Planta 2, 2A
Calle gran via
Madrid
24004
Spain

のように書いていきます。

 

わかりやすいように日本式で書くなら、上から

4丁目34番地4−5
緑町
荒川区
東京都
342−3333

のように書きます(存在しない住所です)

 

こちらが実際に送った手紙です。

住所はお見せできませんが・・・

f:id:ryo1192:20200113033741p:plain


送り元も同様に上記のように反対から書きます。

いつも私はスペインから日本へ、日本からスペインへ送る際に全く送り元の住所を書いていませんが、しっかり届いています。

なので、書きたくない場合は問題ありません。

 

ポイント 住所は反対から書く

 

【※必須】手紙を送る際の注意点

海外へ手紙を送る際に必ず必要なことがあります。

それはAir Mailと必ず書くことです。

これを書かないと届かないことはないですが、紛失する可能性があります。

なので、手紙の上には必ずAir Mailと書いてください

 

また送る先の国をTo〇〇と書くとさらに確実かと思われます。

今回私はスペインに送ったので、To spainと書きました

 

とにかく、海外宛ての手紙で、その国に届いてくれれば、なんとかなりますので、その国に届くようにしっかりと書いてください。

 

ポイント Air Mail To 国名 をわかりやすく書く

 

手紙の送り方

さて、手紙は準備万端、あとは送るだけです!

送り方は郵便局から送るか、ポストから送るふた通りです。

郵便局から送る場合は、受付の人に海外宛てです。と一言いって渡せば完了です。

ポストから送る場合は、街中にあるポストから送ることが出来ます。

f:id:ryo1192:20200113034840j:plain

 

個人的にはいつも郵便局から送っていたんですが、聞いてみたら最近ではコンビニから送ることができると聞いて今回はコンビニから送ってみました。

f:id:ryo1192:20200113035111j:plain



コンビニに行ってみると今まで気づかなかったんですが、小さな簡易ポストがあったんですね

という訳で投函!

 

f:id:ryo1192:20200113035033j:plain

 

あとは到着してくれるのを祈る

国によっては郵便状況が最悪なところあるので、普通に捨てられたりしてしまう国もあります。

腹ただしいですが、そこは海外だからと割り切るしかないのがお決まり。

 

私もスペインからですが日本に送った手紙が全く届かなかったことがあります。

どこに行ったんでしょうか・・・

 

 

www.spain-ryo.net

 

 

今回の記事はいかがでしたか

インターネット社会に生きる私たちは手紙という存在を忘れかけてはいますが、

意外とその手の込んだ手紙が喜ばれたりします。

私や私の友人の家族も手紙を送るとすごい喜んでくれます。

 

送るのに一苦労ですが、確実に喜んでもらえますからぜひ海外へ手紙を送ってみてください。

 

ほかにもスペインの情報やスペイン語について記事を書いています。

ツイッターでもいろいろ発信しているので、フォロー登録してもらえると更新の励みになります。

りょー(@pawnspanish)